FC2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

ミッツァイルは2019枚買え



◾️2019年度


2019年度もデュエルマスターズが始まった。

開始のフラッグを振ったのは他の誰でもないDMGP8thだ。

2ブロ・通常の両決勝において新規コンセプトであるGR召喚が採用されたデッキが優勝。特に通常構築の決勝戦において《BAKUOOON・ミッツァイル》と《音奏 ハイオリーダ》が披露したけたたましい展開力は、全国のDMPの脳裏に深く刻まれたことだろう。

そうだ。彼らGRクリーチャー達は、昨年環境の目として活躍していた踏み倒しメタ群(《オニカマス》、《ぽくちん》、《デスマッチ》)を悠々と越えていくと、レギュレーションを問わず瞬く間に現環境の顔とまでになった。


本年度のデュエルマスターズのエキスパンションデザインは、この
『横に広がるGR召喚』⇆『縦に伸びるオレガオーラ』
というビジュアルデザインが基礎となっており、

またこのビジュアルデザインを通そうとした際に、ゲームシステム上GR召喚に対して何かと不利の付きやすいオーラ側に、《ア・ストラ・ゼーレ》というGR召喚が得意とする横の広がりを咎める必殺技が用意されている。

これによりビジュアル面とゲーム面の両において、GR召喚⇆オレガオーラという対立関係を築き上げた。今年も出鼻から非常に美しいエキスパンションデザインを見せてくれている。


ではこういったカード達から始まった本年度は一体どのような商品展開が行われていくのか。今回はそれを予想してみたい。

『無月の門』・『GGG』・『GR召喚』を的中させた手前、筆者が調子に乗っているのがわかる。





◾️GR召喚


⚫︎ミッツァイルの存在

GR召喚周りの商品展開を見て、筆者が気になったことが2つある。

その内の1つは《ミッツァイル》の存在だ。

このカード、一見ただただ強力なカードに見えて存外その扱いが難しく、とにかく採用されるデッキを選ぶ。

その扱いのシビアさから、DMGP8thで結果を残すまでは環境でお目見えする機会は無かった。これは裏を返せば《ウォズレック》や《カマセバーン》のようにただデッキに入れるだけで出力を出せるカードで無い証拠でもある。

しかし、デザイナーズ・コンセプトを全面に押し出す近年のデュエルマスターズが、新弾の目玉SR枠である火文明のミッツァイルを
「昨年販売した『メタリカ』と組み合わせて遊んでね!」
とか
「【赤白轟轟轟】の同型への切り替えしで使ってね!」
なんて薄いマーケティングだけで終わらせるだろうか。

答えはNOだ。

「火文明」「GR」「派手」。間違いなくミッツァイルは今年推されるカードだ。その条件は整っている。

このカードが中心となった新規コンセプトもしくは新規アーキタイプの誕生が予想される。



⚫︎GR召喚が持つ違和感

2つ目がGR召喚の「コストを支払ったものとして召喚する」という文言の持つ違和感だ。

このテキストは登場当初からあからさまに踏み倒しメタをすり抜ける文言として、筆者を含む多くのユーザー達に奇妙な印象を与えてきた。

しかし、数年先のデザインの展開を見越しながらエキスパンションデザインを行うようになった近年のデュエルマスターズが、突然このような雑なデザインを描くだろうか。昨年展開したデザインを乗り越えるためだけにこんな文言を作るだろうか。

これも勿論答えはNOだ。

おそらく奇妙な違和感を持つこのGR召喚の文言は、昨年展開した踏み倒しメタを超えて行くためだけのものではない。

GR召喚がコストを支払ったものとして出されるのには必ず別の理由がある。

それくらい昔に比べてデュエルマスターズのエキスパンションデザインのレベルは段違いに高くなっているのだ。今回も例外ではない。



⚫︎GRの今後の展開

では

・ミッツァイルの存在
・GR召喚が持つ違和感

という2つの気になる点が導き出す今後のGR周りの展開は何か。

ズバリ。私はこのテキストが来ると予想している。


『このターン支払ったコストの合計が〇〇以上なら〜』


そう。GR召喚はコストを支払うのだ。

GR召喚が出た当初「コストを支払ったものとして召喚する」に覚えた違和感。ミッツァイルが登場したことで、私はこれを払拭することができた。

次弾はオレガオーラ推しっぽいので、第3弾か第4弾あたりにこの文言を持ったカードが登場することだろう。

もし外れたら木の下に埋めて貰っても構わない。





◾️オレガオーラ


GR召喚と違って各々が汎用的なカードではなく、集まって出力を出すタイプのものが目立つ。

よって目指している場所はおそらく『無月の門』。間違いなく前年度最優良デザインだったであろうこのタイプのデザイナーズを引用しない手はない。

魔導具のようにコンセプト単位でデッキを縛ることで出力の天井を設けながらも、デッキ内のオレガオーラ濃度を参照してコンセプトの目玉(魔道具で言えば《デスザーク》や《ガリュザーク》)が馬鹿力を出すタイプのデザイナーズだ。

まさに汎用性を謳うGR召喚とは対照的なカードデザインになっていくだろう。

『場に出した時or場にある時、合計◯枚以上のオレガオーラが重なっているなら〜』の文言が登場しそう。10枚以上重なったらエクストラウィンとか出たりして…。

それこそ《シニガミ 丁-四式》の存在を考えると、墓地のオレガオーラを参照するような完全に無月の門パターンのカードすら出てくるかもしれない。

なによりもビジュアルデザインには気を使うだろうから、とにかく縦に伸びまくるようなデザインになることだけは予想できる。

もし外れたら木の下に埋めて貰っても構わない。



◾️まとめ


・『このターン支払ったコストの合計が〇〇以上なら〜』の条件説を持ったカードが登場しそう

・『場に出した時or場にある時、合計◯枚以上のオレガオーラが重なっているなら〜』の条件説を持ったカードが登場しそう

・まぁ概ね木の下に埋まりそう



2019年度のデュエルマスターズもすごい。

そう思わせてくれるほどに隙のないエキスパンションデザイン。そしてそれを体現したようなDMGP8th決勝戦だった。

この予想も当たって欲しいという反面、更に斜め上を行くぶっ飛んだデザインを期待している自分がいる。

今年度もまたデュエルマスターズが面白い1年になりそうだ。

もしならなかったら木の下に埋めて貰っても構わない。


スポンサーサイト



  1. 2019/04/22(月) 22:47:06|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フレア覇道があなたの人生を豊かにする4つのワケ | ホーム | 全国大会2018とジョットガンジョラゴンの規制>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://08010322.blog.fc2.com/tb.php/267-e272a8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)