キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

【契約マチュー】でCSに挑んだ話




俺は悩んでいた。


勝てない。
GP6th前後からである。


【青緑黒シャコガイル】、【赤青バスター】とその都度己が考える最適解を持ち込んだ。


しかしどうも上手くいかない。


ダメだダメだ。
こういう時は気分転換に好きなカードやデッキを使おう。



そうだ、今度新弾の『DMRP-06 双極篇第2弾 逆襲のギャラクシー 卍・獄・殺‼︎』が発売される。

そこから使いたいカードを選んで、それで組んだデッキをCSに持ち込んでみようじゃないか。



今既に公開されてるカードは、えーと…


《“轟轟轟”ブランド》凄いな。
《卍月 ガ・リュザーク 卍》もヤバくね。


いやでもそうじゃない。

今回は好きなカードだ。俺が好きそうなカード…





…え、なにこれ。




201806242112236aa.jpeg





え、なんこれめっちゃ面白そうやん!これでいいこれがいい!こいつで出よう!


「でも呪文を連打するデッキか…何かあるかな…」



これが【契約マチュー】との出会いだった。




1週間ほど構築・プレイ・調整に時間を費やし、新弾が使えるCSに参加登録すると、あっという間にその日がやって来た。



実際に持ち込んだリストがコレだ。



『契約マチュー』

4 x セイレーン・コンチェルト
2 x 永遠の少女 ワカメチャ
1 x ガイアズ・ソング
2 x フェアリー・ライフ
4 x 悪魔の契約
4 x 桜風妖精ステップル
3 x デスマッチ・ビートル
1 x デビル・ドレーン
4 x 妖精の裏技ラララ・ライフ
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 爆獣マチュー・スチュアート
4 x 王立アカデミー・ホウエイル
2 x 超宮兵 マノミ
1 x 水上第九院 シャコガイル



《セイレーン・コンチェルト》を多用する当デッキにおいて、手札リソースの役割を補填しながらも、ソリティア中に《ガイアズ・ソング》→《セイレーン・コンチェルト》と動くことで、マナを回復させながら複数回にわたるプレイが可能となった。


更に《デスマッチ・ビートル》や《終末の時計 ザ・クロック》を採用することで、【赤青バスター】や【ジョーカーズ】等の速いデッキにも耐性を持てるようチューニングを施した。


またコンボの荒さに不安を覚え、リソース源にもなる《王立アカデミー・ホウエイル》を選択。ソリティア前に大量のハンドリソースを得ることで、《爆獣 マチュー・スチュアート》を召喚したターンにゲームを決めることも可能になる。







万全の体制は整った。


そして6/24。本日。午前。
遊vic中野店前に俺は立っていた。


『第12回プリンCSin中野』。


なんと1年で12回もの開催を誇るこのプリンCSこそ、後に俺が【契約マチュー】でその名を馳せる大型大会になることを、この時はまだ誰も知らない。






●予選1回戦

vs【赤青黒ハンデス】


《ジェニコの知らない世界》→《ブレイン・タッチ》と、容赦ない手札破壊が俺を襲う。

《王立アカデミー・ホウエイル》が来てくれたら一気に解決に向かうのに…!

そう思いながらも、もどかしいゲームが続く。


結局ホウエイルは引けないものの、《爆獣 マチュー・スチュアート》と《悪魔の契約》が揃った。


よし、これで
マチュー2体+契約6ドロー!

6枚で何か1枚マナが伸びるカードを引ければゲームエンドまで持っていける!!!


勝利を確信した瞬間だった。


俺「4マナ《爆獣 マチュー・スチュアート》をプレイ。2マナ《悪魔の契約》、6枚ドロー」



1枚ずつ捲ってゆく。



1枚目《王立アカデミー・ホウエイル》。
2枚目《王立アカデミー・ホウエイル》。


あのね、お前たち。こんなところで何をしているんだ…。

お前たちのせいで危うく負けるところだったんだぞ。まぁもう勝つからいいんだけどね?



3枚目《王立アカデミー・ホウエイル》。


えっ…



4枚目《終末の時計 ザ・クロック》。
5枚目《水上第九院 シャコガイル》。



まずいまずいまずいまずい。



いやでもまだ残り1枚ある。
《フェアリー・ライフ》でもなんでも繋がるんだから!もうなんでもいいの!本当に!何か引けッッ!!!



6枚目、



《王立アカデミー・ホウエイル》。



………。




ま、まぁ待て慌てるな…。


残り2マナしかないとは言え、場には2体のマチューがあるんだ。

ターンを返しても1体しかマチューを除去されないなら、トップによってはいくらでも巻き返せる。



諦めるにはまだ早い!

全身全霊のターンエンドだ!!!





相手「7マナタップ、





20180624204435d54.jpeg








●予選2回戦

vs【黒単デスザーク】


うおおおおお!!
今度はめちゃホウエイル引いてる!

2ターン連続でホウエイル!


この無限の手札で次のターンはマチューからワンショットだ!がはは!!





20180624204426cf1.jpeg








●予選3回戦

vs【赤青バスター】


《デスマッチ・ビートル》が《蒼き団長 ドギラゴン剣》を止める!


《王立アカデミー・ホウエイル》の大量ドローにより、次のターンはワンショットキルが可能な手札だ。

音を立てて接近する勝利の足音に、胸の高鳴りが連動する。



相手「《プラチナ・ワルスラS》で攻撃。」



そうか。
相手は俺が《終末の時計 ザ・クロック》を4枚積んでる事を知らないんだ。そらそうだ。まだ1枚も見えてないんだから。


確かに打点こそ揃ってはいるけど、流石にこのパンチは【契約マチュー】も舐められたもんだな。いや、《デスマッチ・ビートル》を退かせない以上は仕方ないのか。


やれやれ、デッキの強さの差が如実に現れてしまったな…







……ん?


あれ、なんか考えごとをしてる間に《月光電子オボロカゲロウ》ともう1枚何かプレイされてんじゃん。まぁいいけど。


なんだあれ。

鳥か?飛行機か?いやあれは…





20180624204415fe1.jpeg









ーーーーーーーー




昨夜、俺の頭には一つの疑問が浮かんでいた。

『このデッキ、本当に予選を勝ち抜くことが出来るのか…?』

そんな昨日の俺の疑問を、環境デッキ達は塗り潰してゆく。



そして予選の半分を終えた頃、俺はまた新たに一つの疑問を抱えていた。

『このデッキ、予選で1勝でも出来るのか…?』


いや、よそう。
まだ戦いは始まったばかりだ。(既に本戦上がり圏外)




ーーーーーーーー





●予選4回戦

vs【OTKジョーカーズ】


やったぁー!本日初めての先行!


《桜風妖精ステップル》→《爆獣 マチュー・スチュアート》!!

《王立アカデミー・ホウエイル》からブースト呪文を一気に連打!


チョコっとでハウスな立ち上がりをした対戦相手が《ガヨウ神》を出した頃には、こちらのマナは10にまで到達していた。

が、未だ手札に来ない《悪魔の契約》。



…しかし、敵を殺す牙は既に手にあった。



公開領域を確認する。


《悪魔の契約》も《王立アカデミー・ホウエイル》もまだ1枚しか見えていない。《セイレーン・コンチェルト》に至っては0だ。

これらのいずれかが1枚でも埋まっていれば勝ち。



いける。



俺の目には映った。
幻覚ではない。


手札の、5枚目の悪魔がハッキリとその顔に笑みを浮かべた。



俺「3マナ、《デビル・ドレーン》。」



本日初の勝利が流れ込む。

0-5は避けられた。
相手の遅い立ち上がりにも助けられたが、まぁ勝ちは勝ちである。

ゆっくりと盾を取る。





2018062420424794e.jpeg


2018062420424794e.jpeg


2018062420414378e.jpeg


20180624204117846.jpeg


2018062420414378e.jpeg









ーーーーーー



遂に最終戦。


ここまで全ての試合においてお互いに一歩も譲らない熾烈な戦いが繰り広げられてきたが、それもこの試合で最後である。

0-5の文字が頭をよぎるが、もはやここまで来たら戦績など関係ない。


さぁ、歴史に残る最終戦を始めようじゃないか。



ーーーーーー



●予選5回戦

vs【ブライゼシュート】


最高のスタートを切る。

《桜風妖精ステップル》→《爆獣 マチュー・スチュアート》だ。


しかし相手もただでは返さない。《オリオティス・ジャッジ》がマチューを襲う。

すかさず2体目の《爆獣 マチュー・スチュアート》が着地するが《悪魔の契約》までは届かず、相手にターンを返した。



相手「6マナタップ、《黒神龍 ブライゼナーガ》…




ーーーー。




【ブライゼシュート】はその名の通り、《黒神龍 ブライゼナーガ》からSST(スーパー・シールド・トリガー)を発動させることで強力な大型獣を複数踏み倒すショット系のアーキタイプだ。

しかしそのイかれたムーブメントは、盾の埋まり方に左右されるという相応のリスクの元に成り立っていた。

そう、万が一にも《黒神龍 ブライゼナーガ》で見た盾が弱い場合は、そのまま敗北してしまう恐れを孕んでいるデッキでもある。


そして私は過去の経験則から、相手の盾に何が埋まっているかを知っていた。


思わず頬が緩む。


なんせことデュエルマスターズにおいては初弾からのプレイヤーなのだ。これくらいは読み切って至極当然。


過去の敗北が形作る経験と反省は、実際のゲームで必ず活きる。糧になる。

そして勝利となる。



15年以上積み上げてきたデュエルマスターズの経験が、敗北が、反省が、俺に囁きかけた。




相手の盾は間違いなく


《終末の時計 ザ・クロック》
《終末の時計 ザ・クロック》
《桜風妖精ステップル》
《桜風妖精ステップル》
《デスマッチ・ビートル》


の5枚である、と。





相手「ではこちらから解決で」



20180624204101a64.jpeg


20180624204041882.jpeg




20180624204023f84.jpeg


20180624204023f84.jpeg


20180624204023f84.jpeg


20180624204023f84.jpeg







プリンCS運営・参加者の皆さま、本日はお疲れ様でした!!!!

スポンサーサイト
  1. 2018/06/24(日) 21:09:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Hearthstone記事:彼氏にするならランキング | ホーム | 黒緑速攻が消えたワケ>>

コメント

凄く面白かったです!!
早速ラブエルフィンメルカリで売って来ますね!!
  1. 2018/07/03(火) 08:40:02 |
  2. URL |
  3. 名無しの #-
  4. [ 編集 ]

こういったセンスのある記事待ってました
いいぞ、もっとやれ‼️
  1. 2018/07/08(日) 13:32:31 |
  2. URL |
  3. #T9Pp7.Bo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://08010322.blog.fc2.com/tb.php/256-aa0b3d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)