FC2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

ギャロウィンを完全にぶっ殺す記事

初週で無事権利取りました。アホみたいに練習積んでたのが活きた形となったので満足しています。次はエリアですがまだ2ヶ月近く先なのと変形デッキそしてドキンダムの弾まで入ったプールに変化するので、正直手の付けようの無いというかこれからどうしましょう…出来るだけ早くドキンダムのフルスポイラーが出てくれるのを祈るばかりです。

権利を取ったデッキは黒単。黒系統(ギャロウィンを中心としたコントロール+ビート)は現段階のプールでは正直解答と言っても過言じゃないくらいの安定感と隙の無さがあり、一時期は赤侵略系統も握ろうと考えたのですが周りの環境的に小学生やrevの練習を積んでないプレイヤーも多いように見えたので、環境外や不確定要素に強い黒単を選択しました。小学生の光単ブロッカーデッキとか不用意にトリガー積んだ赤単速攻とか結構怖いですからね…
そんで今回の記事なんですが使用した黒単には少ししか触れません。理由は大きく二つでこのデッキタイプはこの先プールが広がったエリアにおいても強いデッキの一つであろうと考えてるのでもうちょい黙っておこうってのが一つと、初週権利を取った多くのプレイヤーが黒系統でありその方々が既にブログなどでいっぱい喋ってるので要らないかなと思うのがもう一つ。なので今回は自分が黒単を握るまでに踏んだ考えのいくつかをメモ代わりみたいな形で書きたいと思います。やはりエリアを目指す方々って所謂ガチ勢が多く、環境やレシピが固まりそれを練って昇華させるって人が多い傾向にあると思います。それに比べ自分はプレイや構築の練りに自信が無く、デッキタイプやメタで勝ちを目指すことがほとんどなため今回もその例に漏れず環境を見続け多くの地雷を考えました。なので自分が他のプレイヤーの為になる最大の価値はここじゃないかなーって思って今回の記事に至ります。


今回のプールの大きな特徴として

◼︎攻撃的な面で明確なフィニッシャーがいない
◼︎革命やS・トリガーなど防御面のカードが非常に強力
◼︎よって試合が簡単に決まりづらく、山札切れによる勝敗の決定も多い

そして小さな特徴として

⚫︎マナ回収に疎い

を挙げて話をしたいと思います。


まず「◼︎攻撃的な面で明確なフィニッシャーがいない」について、環境で黒単が猛威を奮う最大の理由でもあります。ここでの明確なフィニッシャーとは、DS期におけるバトライ閣やE3期におけるGT、またE2期におけるゼニスや覇などの1枚でゲームを大きく動かすカードのことを指します。コントロールにおけるフィニッシャー不足→並べて殴るしかないとなったときに《革命魔王 キラー・ザ・キル》や《魔狼月下城の咆哮》存在は非常に厄介です。1枚で決められるフィニッシャーがいない=除去が強い、その除去が豊富でさらに革命魔王まで率いる黒系統はこの環境においてまさにコントロールキラーとなりました。ここで更に黒を助長したのが《超復讐 ギャロウィン》の存在。黒単の除去に耐え得るには体制持ちのカードが一番手っ取り早く、その重要性は赤侵略の《超轟速 マッハ 55》や青侵略の《超奇天烈 マスターG》、天門の《超九極 チュートピア》の採用頻度から見て取れるかと思います。そしてここに名を連ねるのがギャロウィン。黒系統に対し擬似的な破壊体制を持ち、他の墓地回収や《暗黒鎧 キラード・アイ》と合わせることで粘り強いビートダウンが可能になりました。黒に対して黒が強いというアレ。しかもギャロウィンは他の破壊体制持ちと異なりどのタイミングでも一定の仕事をこなし、黒が入ればビート・コントロールを選ばないため安定性と汎用性に優れ様々なタイプに採用が可能です。これらが黒系統がこのプールで強い主な理由だと思います。
次に「◼︎革命やS・トリガーなど防御面のカードが非常に強力」について。主に革命は《革命魔王 キラー・ザ・キル》と《時の革命 ミラダンテ》を指し、S・トリガーは《凶殺皇 デス・ハンズ》と《閃光の守護者ホーリー》そして《ヘブンズ・ゲート》を指します。これらがあるため不用意に殴るとゲームエンド級のカウンターが飛んできたり、普通に止められて制圧されたりしてしまいます。なので中途半端な速度だったり攻撃力の無いビートダウンは全否定される環境となっているのです。また並べて殴る戦法も黒以外であれば革命魔王が立ち塞がり、またホーリー、DNAスパーク、クロックにより止められ返しに革命によるカウンターを喰らうといった展開で死ぬことも珍しくはありません。
最後に「◼︎よって試合が簡単に決まりづらく、山札切れによる勝敗の決定も多い」について。これは紛れもない事実でライブラリアウトによる勝利をメインにおいた除去コンも作られるレベルです。攻撃力の無いデッキを使う上で最大の悩みどころになると思います。

この3つの特徴全てが黒系統の強さを物語っていると思います。
そしてこの【黒系統】にある程度勝ちを上げられる【赤侵略】を中心に、【天門】や【青侵略】【トリガービート】が連なる感じで環境が構成されているように感じました。よって地雷を考える場合も黒系統と赤侵略を含めたビート系統を中心に考えることが多かったです。



『rev赤単速攻』

4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 音速のナックルショット
2 x 爆裂B-BOY
4 x 音速 ニトロフラグ
4 x 鬼切丸
4 x 爆炎シューター マッカラン
4 x 音速 ガトリング
4 x 超轟速 マッハ 55
3 x 鳳皇 マッハギア
3 x 音速 シュタタ


『トリガラ天門』

4 x 奇跡の精霊ミルザム
4 x 五極 ギャツビー
3 x 閃光の守護者ホーリー
4 x ヘブンズ・ゲート
3 x アクア・スーパーエメラル
3 x エナジー・ライト
4 x ブレイン・チャージャー
4 x 龍素記号 Rv ペニシリン
3 x トリガラ・ダシッチ
4 x メガ・マグマ・ドラゴン
4 x 爆剣豪 グレンモルト


『revくろーしす』

4 x エナジー・ライト
3 x アクア・スーパーエメラル
4 x アクア・サーファー
1 x スパイラル・ゲート
2 x 燃える革命 ドギラゴン
4 x 爆剣豪 グレンモルト
4 x メテオ・チャージャー
4 x モエル 鬼スナイパー
3 x 悪魔龍 ダークマスターズ
4 x 暗黒鎧 ヘルミッション
4 x 凶殺皇 デス・ハンズ
3 x 地獄門デス・ゲート



このように様々な地雷を考えていたのですが実際黒単に完全な優位のつくものは少なく、それは黒単に優位が取れると言われ環境で使われている青侵略の対黒単に対する勝率の不安定さから見ても明らかだと思われます。それくらい黒単には隙が無いです。そこで黒単の強さの一つとして前述にも上げたギャロウィンに目を当て、逆にこれを機能停止に追い込めば黒単の攻撃面での強さは非常に薄くなることに注目しました。

設置型として前傾姿勢でギャロウィンをメタれるカードはいくつかあり、ギャロウィンをキャッチしつづけられる《時の玉 ミラク》や《暗黒鎧 ギラン》、またギャロウィンが殴らなければ効果起動出来ないことを逆手に取りカウンター気味に破壊以外の除去ができる《H・コフーグ》や《雪精 チャケ》。次はこれらに注目します。



『青黒はんですrev』

4 x ゴースト・タッチ
3 x 暗黒鎧 ヘルミッション
4 x 西部人形ザビ・バレル
3 x 解体人形ジェニー
1 x 復讐 ブラックサイコ
4 x 超復讐 ギャロウィン
2 x 暗黒鎧 キラード・アイ
4 x ポイズン・ティー
3 x 地獄門デス・ゲート
4 x エナジー・ライト
4 x サイバー・ブック
4 x H・コフーグ


『黒緑ギャロ』

4 x 一撃奪取 ブラッドレイン
4 x 暗黒鎧 ヴェイダー
4 x 暗黒鎧 ヘルミッション
3 x 暗黒鎧 キラード・アイ
4 x 超復讐 ギャロウィン
3 x 悪魔龍 ダークマスターズ
4 x 凶殺皇 デス・ハンズ
3 x 黒神龍オドル・ニードル
4 x 雪精 チャケ
4 x ナチュラル・トラップ
2 x 死神術士デスマーチ
1 x 暗黒鎧 ゴルドバット


『青白緑デッキデス』

4 x 奇跡の精霊ミルザム
2 x 五極 ギャツビー
4 x 真実の名 バウライオン
2 x 閃光の守護者ホーリー
4 x ヘブンズ・ゲート
3 x アクア・スーパーエメラル
3 x エナジー・ライト
4 x ブレイン・チャージャー
3 x 革命の水瓶
3 x 父なる大地
4 x ナチュラル・トラップ
4 x 雪精 チャケ


『赤白緑デッキデス』

3 x メテオ・チャージャー
4 x モエル 鬼スナイパー
4 x 爆剣豪 グレンモルト
2 x 革命の鉄拳
2 x 父なる大地
4 x 雪精 チャケ
4 x ナチュラル・トラップ
2 x 時の革命 ミラダンテ
4 x 真実の名 バウライオン
4 x 魔法の玉 タルー
3 x 奇跡の精霊ミルザム
4 x ヘブンズ・ゲート



特にチャケは小さい特徴にも書いた「⚫︎マナ回収に疎い」というプール上の問題も絡み、黒系統だけでなく多くのコントロールに対し強くマッハ55なども簡単に除去できる面が非常に優秀でした。最後のデッキデス2種とかナチュトラや大地の除去性能も相まり個人的にかなり良い線行ってたのですが、相手も革命の○○系統を採用しているとお互い無限に山札回復ループが発生し勝負が付かなかったり、そもそもクソみたいに時間が掛かったりするデッキなので見送りました。

次に考えたのが除去より早く並べて殴る。革命魔王は割り切りもしくは黒の生き物を採用ってデッキ。白を採用すれば複数タップ系統が採用できるため壁を殺さず攻撃を通すことでギャロウィンを刺激せずに殴り切ることもできます。



『revしろたん』

4 x 一撃奪取 アクロアイト
4 x 時の玉 ミラク
4 x ガガ・ピカリャン
4 x 信頼の玉 ララァ
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
4 x 真紅の精霊龍 レッドローズ
4 x 指令の精霊龍 コマンデュオ
4 x 聖霊龍王 ミラクルスター
1 x 革命天王 ミラクルスター
4 x 聖歌の聖堂ゾディアック
4 x 閃光の守護者ホーリー
2 x 時の革命 ミラダンテ


『青白シリンダ』

1 x スパイラル・ゲート
4 x アクア特攻兵 デコイ
1 x アクア・ハルカス
4 x ガチャンコ ミニロボ2号
3 x アクア・スーパーエメラル
4 x アクア警備員 ラスト
4 x 革命龍程式 シリンダ
3 x 閃光の守護者ホーリー
4 x 時の玉 ミラク
4 x ガガ・ピカリャン
4 x 聖霊龍王 ミラクルスター
4 x 知識の玉 ロンロン



どこまでいっても革命魔王と魔狼が辛い…。あとギャロウィンビートにヘルミッションやオドルニードルを合わせられる動きもケアできません。

ここで黒の強さを再認識し権利戦が始まる一週間前には完全に黒系統へ切り替え、黒単、黒白、青黒、黒緑と試し最終的に一週目は一番使用に慣れている黒単に決め、中でも一番丸い構築を選択しました。ここまでが今回黒単を握るまでに至った大まかな経緯です。他にも60個くらいの地雷を試しているのですが、多くは黒系統相手に5割を切っており少なくとも黒系統が最大母数である現段階で握る価値は無いと考えています。一概に黒系統といっても型や採用してる札がマチマチな上にその札によって勝てるかどうかがかなり変わってきたりして、正直ギャロウィンというデッキタイプ全体をメタることはかなり難しいと感じました…今後のプールに期待しましょう。

このように結果的には環境外に対し大きく時間を割いてしまいました。しかしこれが無駄な時間で無かったのだけは確信しています。それというのも限定構築での地雷は通常環境の地雷とはその性質がまるで違います。これは無数に広がる全てのプールからカードが選択される通常環境の地雷に対し限定構築の地雷は一定のパターンやデッキの性質が決まってくるため、ある程度それらを頭に入れておくことで対処法にも繋がるからです。つまり地雷のパターンを把握することでき、地雷を地雷でなくすることができる点で通常環境の地雷とはその意味合いが異なると自分は考えるのです。
実際にこれが活きたのは権利を取った日のトーナメントの、3回戦と決勝戦でした。今回は例として決勝戦を挙げて少し話そうと思います。


決勝戦の相手は青白黒のトリガービート。自分はこのタイプのトリガービートを3回は考え3回は諦めたので理解もあり、2本先取だったので正直この時点で勝ちを確信していました。
一本目は知りたい情報もあったため除去でゲームを長引かせて相手の公開領域を増やしながら最終的にギャロウィン+ヘルミッション&オドルニードルという返されにくい盤面を作り勝ちました。しかしこれは相手の盾が超上ブレする場合に限り最悪返される恐れもあります。
二本目。後手で初手はブラッドレイン、ヴェイダー、魔狼、デスハンズ、革命魔王。ドローで6枚目デスマーチ。ここが地雷に対しての理解度の差が一番顕著になる状況だったかなと思います。あまりrevに対して理解が無い方はレイン→ヴェイダーから一戦目と同じくギャロウィン+ヘルミッション&オドルニードルの布陣を作っていくと思います。しかし自分はレインチャージエンド、ヴェイダーチャージエンドを行い6ターン目にして初めてのアクションである魔狼をプレイしました。
ここで一本目に自分が知りたかった情報という観点に戻ります。これは大きく

①「ハンデスがあるか」
②「除去体制持ちのカードがあるか(青白黒ならマスターGブッディギャロウィン)」
③「全タップ(ミラダンテ、ホーリー)でなく、選択タップ(聖霊龍王 ミラクルスター)のカードがあるか」

の三つ。
一本目の公開領域からこれらが無いのは明らかだったので、二本目はこのタイプに絶対的な勝ちを取れるLOルートに切り替えます。
①このLOルートを設計するのに重要な点の1つ目が「ハンデスがあるか」で、これは主に革命魔王と魔狼月下城を中心とした除去カードを手札に持った安全な状態でLOルートに臨めるかといった点で一番重要になるポイントです。
②「除去体制持ちのカードがあるか」も同じようにその除去が通りやすいか、確実に1:1交換以上の除去として機能するかという点で重要です。
③「全タップでなく選択タップのカードがあるか」ですがこれは隙の無い布陣を形成する際に重要で、ギャロウィン(アンタップ状態)+ブロッカー複数+ヘルミッション&オドルニードルと立てると、相手はブロッカーを越えるために全タップ系のカードプレイしなければいけないのですがそれをプレイしてしまうとギャロウィンとオドルニードルも寝てしまい、結果的にギャロウィン+ヘルミッション&オドルニードルのシステムが機能することで八方塞がりになってしまう状況を作れるからです。これが《聖霊龍王 ミラクルスター》などブロッカーだけを選択してタップできるカードを採用していると安定してこの布陣を機能させられないので意識して見ていました。

前述の通りこの3つがどれも無かったため完全なLOルートにプランを変更。手札に除去を温存、ブラッドレインをチャージエンド。相手はヘルミッションを場に出したため後々そこに魔狼を当てヘルミッションに無駄に焼かれる上、LOルートなので山札を削りたくない自分はヴェイダーもチャージエンド。魔狼から入る形となりました。結果的にハンドに革命魔王を抱えたまま上記にも書いたギャロウィン+ブロッカー+ヘルミッション&オドルニードルの布陣を作りつつ適時に除去を撃ち、LOという形で安全な勝利を手に入れることができ無事権利を獲得。ここでも「◼︎攻撃的な面で明確なフィニッシャーがいない」と「◼︎よって試合が簡単に決まりづらく、山札切れによる勝敗の決定も多い」が顕著に出ている良い例ですね。おォ、なんか伏線回収みたいで格好良いゾ()この勝利は地雷をよく触っていた副産物だと自負できる賜物でした。本当に良かったです。


この他にも地雷を触っていたことは細かい裁定の確認や個々のカードの強み弱みに気付ける足掛かりにもなりました。この知識と経験は、自分の武器の一つとしてエリアでも活躍させたいと思います。またあと2週間行われる店舗予選を突破したい人達へ、少しでも力になれば幸いです。ヨォし、エリア、頑張るゾォい!!!ブッ



まとめ
◼︎今のプールじゃギャロウィンを完全にぶっ殺すことは出来ない
◼︎もしメタれたとしても他に負けるだろうしやっぱ黒つよい
◼︎いそうな地雷は触っとくといいかも
◼︎皆、新妹魔王の契約者BURST観てね

おわり
スポンサーサイト



  1. 2015/10/27(火) 16:44:32|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<デュエルマスターズおっぱいランキング2015 | ホーム | 不屈のウレックスくんと学ぶDMインフレ史(タップカード編)>>

コメント

たまの更新を楽しみにしております。
この前の5cの記事といい今回の記事といい、出した結論に至るまでの考えの一部を知れて面白かったです。
  1. 2015/10/28(水) 02:31:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> たまの更新を楽しみにしております。
> この前の5cの記事といい今回の記事といい、出した結論に至るまでの考えの一部を知れて面白かったです。

まだ色々と浅いところはありますが、少しでも参考になったなら幸いです( ´﹀` )♡
  1. 2015/10/28(水) 03:59:52 |
  2. URL |
  3. 美墨 なぎさ #-
  4. [ 編集 ]

revは黒一強の環境ですか...やはりオドルヘルミッションギャロウィンの防御力が固すぎますよねw
で、中途半端に殴ると革命からひっくり返されたりと、せめてウェイダーがいなければ...
自分は青単侵略を中心に練っているのですが黒単的にはどの型の青単が辛いですかね?(コイコイ型など)
とてもためになりました 青単で行けるでしょとか考えていた自分にとっては目から鱗でしたね
記事更新応援しています。あと、お互いエリア代表選頑張りましょう!

  1. 2015/10/30(金) 01:56:26 |
  2. URL |
  3. ながさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> revは黒一強の環境ですか...やはりオドルヘルミッションギャロウィンの防御力が固すぎますよねw
> で、中途半端に殴ると革命からひっくり返されたりと、せめてウェイダーがいなければ...
> 自分は青単侵略を中心に練っているのですが黒単的にはどの型の青単が辛いですかね?(コイコイ型など)
> とてもためになりました 青単で行けるでしょとか考えていた自分にとっては目から鱗でしたね
> 記事更新応援しています。あと、お互いエリア代表選頑張りましょう!


そうですねぇ、やはりマスターGゲーに持って行かれるのが一番辛いでしょうか…中盤から後半にかけてのベガスダラーもかなり辛いですね…
お互い頑張りましょう☻
  1. 2015/10/30(金) 19:40:41 |
  2. URL |
  3. 美墨 なぎさ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://08010322.blog.fc2.com/tb.php/236-185998f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)