FC2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

よりどりみどり・・・!

今期はCS出る機会が無くてrevもあってで通常は5Cしか研究してないためまた5C記事です。というのもこのデッキタイプに関しては環境が少しずつ向いてきてるってのがあります。
べアフガンにより少々痛手を喰らった黒単ですが、それでも変わらず最大母数。速攻2種とそれらを見た調和サイクリカのバキとトリーヴァが上がり、少し下を速攻系統に強い赤侵略やアベレージが高いイメンが追っかける形となっています。ここで5Cが目にかけるべきがネクストと天門の少なさです。ネクストのダークマスターズが入ってる型は超不得手なため当たるだけで負けレベルなのですが、そもそもネクストの母数が少ない上に天門の使用率の少なさから最近またモルト覇を採用した純正赤緑の型をちょくちょく見るようになり、ネクストも当たるだけで負けみたいな気負いでは無くなりました。また前述のとおり台頭しつつあるビッグマナ系統に対し強いデッキタイプであるのも追い風ですね。


『5cビッグ(デブ獄門)』

4 x フェアリー・ライフ
3 x フェアリー・ミラクル
3 x フェアリー・シャワー
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
3 x 龍覇 M・A・S
3 x 龍覇 セイントローズ
2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x 超次元ガード・ホール
2 x ガンヴィート・ブラスター
3 x 界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
1 x 偽りの王 モーツァルト
2 x 憎悪と怒りの獄門
1 x ボルメテウス・ホワイト・フレア
3 x 焦土と開拓の天変
1 x 偽りの王 ナンバーナイン
1 x ロスト・ソウル

1 x 龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.+
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の支配者ディアボロスZ/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ
1 x 時空の邪眼ロマノフZ/邪神の覚醒者ロマノフ・Z・ウィザード
2 x 真聖教会 エンドレス・へヴン/真・天命王 ネバーエンド


前回トリーヴァ基盤の5Cだったんで今回は5C基盤ですね。このタイプの方がデッキパワーが落ちないため対コントロールでの引き要求が多少低いのと色配分の影響から採用できるカードに幅が出ます。
前回言ったとおり速攻2種への有力な勝ち筋はこのタイプのコントロールを握る上で最低条件だと思っており、前回トリーヴァ基盤で調和サイクリカを採用したように今回用意したのがデッドブラッキオ+獄門によるカウンターです。最大の仮想敵であるべアフガンは1コスト生き物→ベアッサー→べアフガン+生き物と言った流れでキルを行います。打点の流れをみると1→4+1の6打点ですね。このようにべアフガンは完全にべアフガンの打点に頼っているため、赤単速攻と違って打点超過しづらいためこれを防げた場合盾0の状態でこちらにターンが返って来やすく、思ったよりもデッドブラッキオ+獄門が決まりやすいのです。そのため今回はこのルートを中心に考え、盾からランド押し上げるライフシャワーと一連の流れの要求値を下げられる吸い込むを多投。またホワグリを引いた時もホワグリプリン+トリガーorブラッキオ+獄門のルートを構築することもできます。

以下各カード説明。


◼︎《龍覇 セイントローズ》+《天命王 ネバーエンド》
対黒単最終兵器。盾追加による耐久力をバックにデッキパワーで戦うルートとネバーエンドの除去体制に任せてビートダウンするルートがあります。後者は思考停止で選ぶと案外死に晒すのである程度打点並んだ状態や後続を考えた状態で臨んだが吉です。また真エスケープはデッドブラッキオのスーパーストライクバックと併用することができるのも覚えておきましょう。相手のミナゴロッセオでスレイヤー付与された多勢の小型で殴り返された場合も、デッドブラッキオキャストできれば殴り返しを防ぎつつデスゴロス龍解まで防げます。

◼︎《焦土と開拓の天変》
中盤から後半まで腐りづらく環境にマッチしている札です。中盤はテンポを広げ、後半はサイクリカで連打することで蓋をすることができます。これとガンヴィートブラスターこそがイメンに対して有効といった点でトリーヴァや白バキとの大きな差です。

◼︎《偽りの王 ナンバーナイン》
弱いのであまり採用したくないんですが、バキと違ってダイハードが無いのでバキ・トリーヴァ・天門に明確な勝ちを付けられないため採用しました。ガンブラとガドホヴォルグをサイクリカで回すだけでも勝てはするのですが、一応焦土からの勝ち筋をしっかりとしたものにしたかったってのが大きいです。

◼︎《ロスト・ソウル》
天門へのナイン2枚目。ナインに2枠も割きたく無い、が焦土サイクリカの延長上でその1枚を引くってのは流石に引き要求が大き過ぎるため。こちらならスペル系のデッキ以外にも有効なので1:1で。


こんな感じですね。速攻系統にデッドブラッキオ+獄門のルートを採用したことで、それらの引き要求を薄めるためシャワーと吸い込むを多投する構築にしたため、他のカードの引き要求を薄まったのは良い傾向ですね。前に比べて1.2積みのカードも見えるゲームが結構増えた気がします。まあこれらも参考程度にどうぞ。ではまた〜
スポンサーサイト



  1. 2015/10/10(土) 17:10:14|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不屈のウレックスくんと学ぶDMインフレ史(タップカード編) | ホーム | よ・ど・みど・りりり!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://08010322.blog.fc2.com/tb.php/234-c9161436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)