FC2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

萌アヘあったまり

なんか最近クソ記事しかあげてなくてアレだったんでちゃんとしたやつやります。レシピ載せちゃったり解説なんか書いたりしちゃったりしてちょっと真面目な感じだったりしちゃったり。今回は遅れながら三段変形で登場したカードをメインとしたデッキを紹介していきまひょ。


『赤黒ウィニーナイトメア』

4 x ボンバク・ボッボーン
4 x 一撃奪取 ブラッドレイン
4 x 爆獣イナバ・ギーゼ
4 x 爆鏡 ヒビキ
4 x 若頭の忠剣ハチ公
3 x 龍覇 ストラス・アイラ
4 x 龍覇 ドクロスカル
4 x 龍覇 ニンジャリバン
3 x 龍覇 ウルボロフ
4 x デッドリー・ラブ
2 x 地獄門デス・ゲート

1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア
2 x 悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
1 x 龍棍棒 トゲトプス/多角類衝撃目 ブッツブ・トプス
1 x 熱血爪 メリケン・バルク/熱決決闘場 バルク・アリーナ/熱血龍 バリキレ・メカマッチョ
1 x 太陽槍 ラヴェリテ/百夜境界 ブランノワール/日蝕の精霊龍 ソレイルノワール
1 x 魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ
1 x 滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル/魔壊王 デスシラズ

イナバギーゼを起爆剤にドラグナー持ちファンキーナイトメアから展開して勝ちを目指します。
基本的には粘り強いビートダウンの出来るミガワリを中心に戦い、また速度と横への展開を重視して多数のウィニーとラヴェリテを採用。

と言ったところで一旦終わって、ラヴェリテのことを中心に上のレシピのお話をしたいと思います。

◼︎太陽槍 ラヴェリテ P 光文明 (2)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーが攻撃する時、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

上記のレシピには赤黒のドラグナーしかいないためパンプの恩恵は与えられずフォートレス側の使用も出来ませんが、早い段階から横への展開を促す優秀なカードです。
このラヴェリテというカード、使ってると意外と気付きにくいのですが「ただの展開」となるとゲームメイクにおいて基本的には他のウェポンの下位となることに注目して欲しいです。
『ドラグナーを出してラヴェリテを着け、次のターン殴りながらウィニーを展開した場合』と『ドラグナーを出してトゲトプスを着け、次のターン殴って龍解させた場合』というふたつの具体的な例を挙げて、ここで考えてみようと思います。

前者と後者の違いをざっくばらんに挙げますと、
1.前者のハンドが−1
2.打点・能力ともに基本的には後者が上
3.前者はウェポン装備時の能力が無い
4.前者は攻撃トリガーで仕事をするが、後者は龍解にリスクが要る。

特に大事なのは1と2でしょうか。それに対して唯一とも言える後者側のデメリットである4は大した問題ではないというのが正直なところです。
特に今回の赤黒混色というハンド供給の難しいビートダウンにおいては1は致命的ですね。2についてもビートダウンにおいては非常に重要なファクターです。
では何故そんなラヴェリテを採用したのか。それはラヴェリテにある幾つかの小さいメリット、その内の二つとして恒久的な展開へのアクションと4でも少し触れてある攻撃トリガーで仕事をするというところでの即時打点が形成出来ると言う点があったからです。ここで恒久的と言ってしまうと語弊を生むので説明しておくと、他のウェポンと違ってドラグナーが生き残ればその残った分だけ仕事を行えるということですね。つまり何が言いたいかって場に長く残せるほど強いってところでお察しの通り爆鏡ヒビキが出てくるのですが、それについて上記で意味深に「ただの展開」とお話した次第となります。
3コスト以内で後手からでも相手の行動を「制限」でき、またその上でビートダウンと相性の良いクリーチャーは少ないです。トリッパーやゴーゴンなどはこのデッキのビートダウン速度からするとあくまで「遅延」しか出来ず、ブースト一本から解決札を突っ込まれてゲームを戻されることが多いと感じます。またドテラバラと違いビートダウンにも相性の良いためヒビキを採用しています。
そしてここで言う「制限」「遅延」という言葉について具体的な例を挙げてお話すると、ラヴェリテ持ちのドラグナーを守る状況においてこのヒビキというジャミングは少し特殊であり、それというのも一般的な除去が呪文に傾いているこのゲームにおいて、マナさえ溜まればいつでも除去できるゴーゴントリッパーなどは状況によっては放置されやすく、後続の展開を確実に断つためのラヴェリテ側にその矛先が向けられやすいのです。しかしヒビキに至っては呪文での除去にアドバンテージの損失を伴います。これは目に見えた分かり易い結果が付いて来る上に相手のハンドが見えていないため、その後の展開に甘えやすい状況なのです。また単純に上記の性質からトリッパーゴーゴン側はビマナなどに対してブーストを許しやすいってところもありますね。これらの理由や色などの観点から自分はヒビキが適任だと感じています。
つまるところヒビキ引けてなかったらラヴェリテじゃなくてトゲトプスプレイしようぜ!ってことです。相手によってはヒビキ引いててもトゲトプスプレイしよう!ていうかトゲトプス強え!あいつなんやねん、パワー6000WBてアホやろ。

イナバいる時にウルボロフゴートゥ→ジャリバンかスカルラヴェリテ→バンバクでぼっぼーんてしたら気持ち良いよ。



次のデッキ行きます。


『赤青白ファンバイランデス』

2 x キリモミ・ヤマアラシ
4 x ドリル・スコール
4 x ガード・ビジョン
4 x 爆鏡 ヒビキ
4 x 龍覇 トンプウ
3 x 龍覇 メタルアベンジャー
3 x 龍覇 グレンモルト
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 天雷王機ジョバンニX世
4 x 湧水の光陣
1 x 光牙忍ハヤブサマル
3 x 超次元ブルーホワイト・ホール

1 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
2 x 龍芭扇 ファンパイ/龍脈空船 トンナンシャーペ/亜空艦 ダイスーシドラ
3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


すみませんなんか久しぶりに真面目なの書いたらめっちゃ疲れました。不幸にも黒塗りの高級車に衝突しそうなくらい疲れた。上で頑張ったのでこっちは適当に流しますね。デッキコンセプトは見たまんまです。ファンバイと相性の良いキリモミとビジョン、んでもって上でいったようにその施工回数を増やすためのドリスコ。それをジョバンニで回しながらダイスーシドラ作ろうぜ!ヒビキ強い!苦手なビートにはクロック埋めろ!ドリスコでクロック落としてトリガー湧水だ!もうなんかデッキ内のカードパワー糞すぎたからモルトも突っ込んどいたぜ!最悪ヒビキヒビキヒビキモルトで勝ち!次元は適当!ファンバイで相手の超次元呪文唱えることあるのを忘れるなよ!以上、おやすみ!!!
スポンサーサイト



  1. 2014/12/04(木) 19:31:30|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アドバンテージを逃がし隊① | ホーム | げっちゅう♥LOVELOVE物語!(。・ ω>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://08010322.blog.fc2.com/tb.php/214-257a7e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)