FC2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

E3考察&デッキ紹介

はい。
着々とエリア近づいてきました皆様イカイカガお過ごしでしょうか。
とりあえず自分は第一候補と第二候補まで絞れました。あとはこの二つを練りに練って他のエリアの様子を見つつ選択していく感じでしょうか。
特に目に付くのは、ビマナ、シュゲ、イエス、。地雷枠として赤単、STビでしょうか。
この6つを中心にメタを貼りつつ「事故率の少なさ」を重要視して構築するのがこのような大きな大会でもっとも有利にはたらくデッキを作るための方法だと思います。

個人的には赤単一強推しですねー。やはりワントリやオチャで即死するのを差し置いても事故の少なさとデッキ相性の出にくさが非常に魅力的です。しかしやはりその脆さを嫌って使用しないプレイヤーや九州というビマナ環境を考えるに母数はそこまで多くはないのではないかと思われます。



次に今大会でキーとなるうるカードを幾つか例に挙げて考察したいと思います。

■カツキングMAX
直前で環境に入ってきたドロンゴー持ち大型除去。マナをソースに出来るというハンドリカバリーの効きにくいE3環境に対して強く出れるクリーチャーで、しかも8000火力持ち。この8000火力も早い盤面が重要視されるこの環境ではかなり強いです。また同型のカツキングやリュウセイを焼けるのも大きい。しかしマナをソースとするためその基盤に頼ってしまうと除去された時にリカバリー出来ずに一方的な試合になってしまったりするため、プレイングや構築も大事になってくると思います。

■シューゲイザー
5コスト以下にこれでもかと言う程優秀なクリーチャーが揃ったE3ではブーストからこれを投げつけるだけでも盤面を持っていけることが出来、マイナス補正に寄る除去が少ないカードプールなのでリリィマドンナが攻守面で非常に大きな活躍ができます。またゾロスターやアシッドという優秀な踏み倒し、マグナム嘘盗の不在、ピクシーライフの存在などカードプール的にかなり強いカードです。決して度外視出来ないでしょう。

■ブレイズクロー&無重力ナイン
赤単の速度の要。このふたつをどれだけ引けるかに赤単の勝敗は大きく関わってきます。
これに対するメタ、というとぶっちゃけ引きゲーが入ることもあって漠然としているため必然的にデッキタイプで勝負するしかありません。コルナゴ、コダマンマ、パルサーによって序盤以外でも腐り辛いのも見逃せません。先行ブレイズやトップギアナインナインはE3の闇と言っても過言じゃないと思います。

■リリィ
シュゲの欄でも説明したようにカードプールの狭さ故に一度盤面に登場するととにかく動きません。
イエスなんか付けられると単カードでは絶対に除去られず、攻防両面で活躍できる上にハンデス&タップキルまで熟せる万能要塞と化してしまいます。こちらはカードによってある程度メタを貼ることもできますが、イエス付けられたときや他のデッキへの対策を考えた時に物量やデッキタイプで勝負することを念頭に置いて対策を諦めるのもひとつの手段だと自分は考えます。




他にも考える必要のあるカードはいろいろあるのですが特にこれら、といった感じです。
次にもう候補から外れたデッキを少し紹介したいと思います。




『E3青緑黒除去サファイアt白』

2 x 神青輝 P・サファイア
2 x 神聖騎 オルタナティブ
2 x 神聖麒 シューゲイザー
3 x サイバー・W・スパイラル
3 x 知識と衰弱のアシスト
3 x ナチュラル・トラップ
3 x グローバル・ナビゲーション
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
4 x 解体人形ジェニー
3 x 飛散する斧 プロメテウス
3 x ドンドン吸い込むナウ
2 x 骨面人形ホネタン
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 光牙王機ゼロカゲ



第三候補だったものです。
全てのデッキタイプに対してメタを構築したもので可もなく不可もなく全てに対して戦えます。
勝率も落ち着いているのですが、トリガーに頼った構築であるのと、カツキングMAXの登場、事故へのリカバリーが薄すぎるということもあったため大きなトーナメントで握る勇気がないこともあって候補から外しました。
ビックマナには解体による妨害とWスパイラル、ナビゲーション、ナチュトラによる除去で戦い、シュゲや赤単には17本のトリガーと2本の忍びで追いつく形、イエスは衰退アシストや吸い込むで遅延しながらクリーチャー除去へ繋げて盤面取って勝ちます。墓地ソやSTビに対しては若干薄いですが、盤面取っていくプレイングを心がければ勝率は4割前後には落ち着きます。やはりカツキングMAXが痛い。




『E3赤青GTクロスファイア』

4 x 暴走龍 5000GT
4 x 熱湯グレンニャー
3 x 百万超邪 クロスファイア
3 x 禍々しき取引 パルサー
4 x フェイト・カーペンター
4 x スクランブル・タイフーン
4 x 日曜日よりの使者 メーテル
3 x 双砲 ロードスター
3 x アクア・サーファー
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 疾封怒闘 キューブリック



墓地ソースビート。
速度やキューブリックの関係上他のデッキとの相性さを埋めやすく、墓地に対するメタが皆無に等しいカードプールであるためデッキとしての役割を遂行しやすいです。
ビートにもフィニッシャーであるGTが有効に出れてロック性能も相まり地雷に負けにくいです。
しかしカードプールの関係上エマジェンやグレンニャーが視野に入るほど墓地肥やしが乏しく、また黒のカードも墓地への介入があるものが少ない上にあっても呪文であったり等デッキタイプ自体がカードプールに適してないので苦しいデッキだと思います。まあそれでもそれなりに強いのを見る限り墓地ソの地力が垣間見えますが。。。
あと単純にマドンナリリィが辛すぎます。あのふたつが無ければ間違いなくトップレベルの強さだと思います。





こんな感じですかねー。
デッキタイプも絞れてきてはいますが、まだ昨年のようにアリバイマドンナ等の地雷も上がる可能性がありますし、直前まで油断できませんねー!あと僅かですが頑張って練っていこうと思います。です。


では。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/26(火) 23:15:15|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<E3レポ・デッキ解説 | ホーム | 本質の散乱>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://08010322.blog.fc2.com/tb.php/181-6dcd8e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)