fc2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

ラクトを止めるな!


LACT-450(ラクト)はスプラトゥーン3の全ブキで最も高いパワーレベルを誇ると筆者は考えている。

パワーレベルは主に二つの観点から見定められる。

一つ目はトップバリュー。
上位プレイヤーによってそのブキの最大値が引き出された場合の強度。
二つ目はアベレージ。
初心者から上位プレイヤーに至るまで「誰に使わせても強い」というそのブキが持つ絶対値の高さである。

パワーレベルが語られる際、どうしても主観性の強い前者のみが語られがちだが、ブキの本質的なパワーレベルを後者無しに量ることは不可能だ。

例えば一つ目の基準だけで見た際、多くのプレイヤーが【スクリュースロッシャー】を挙げるだろう。未だに上位帯ではトップレベルの活躍を見せている。何よりタンサンボムが便意を催すほどウザい。

しかし後者の基準に当てはめた際、【スクリュースロッシャー】はそこまで逸脱したブキではない。何故なら活躍するためにエイム(シューティングスキル)が必要不可欠だからだ。

何を当たり前のことを言っているのか…と思われるかもしれないが、エイムが無くてもゲームへの寄与率を維持できるラクトは後者の基準において圧倒的な地位を誇る。

何故なら敵と対面して撃ち勝つことが難しい初心者でも、塗ってスペシャルをプレイするだけで勝利に貢献できるからである。

その上で一つ目の基準でもハイアベレージなラクトこそ、スプラトゥーン3の全ブキで最も高いパワーレベルを有していると私は分析している。


ラクト(【マルチミサイル】)の強度


ラクトのパワーレベルを支えているのは、言わずもがなスペシャルに搭載された【マルチミサイル】の強度だ。

回避するために広い足場を必要とする上、自身が逃げることだけを考えても味方に被弾する恐れがあることから、受ける側が気を払わなければならない要素が多く、拘束力が高い。
それでいて複数人をターゲットに取れるため、純粋にアクティベート時の影響力は高めのスペシャルになっている。

また、遮蔽を無視してターゲットを追尾するため【ウルトラショット】などと異なり、ターゲットへ確実に影響を及ぼすことが出来る点も非常に優秀。

何より【メガホンレーザー5.1ch】と同様、超遠隔から機能するスペシャルであるため
・前線でのみ活躍できる【ホップソナー】【グレートバリア】
・目視した敵を攻撃する【ウルトラショット】【ナイスダマ】
などと異なり、プレイシチュエーションを選びにくい(いつでも適当に使って強い)ことから、「自軍塗り→スペシャル」が強力なムーブとして成立している。

以上より、影響力(パワー)・確実性(アベレージ)・超遠隔(レンジ)と全ての要素を高水準で備える【マルチミサイル】は実戦においても高い出力を発揮している。

メインの高い塗り性能によってこの【マルチミサイル】連打を可能としている点こそ、ラクトが強ブキである最大の要因だ。

とりわけ【マルチミサイル】に関しては、その拘束力と複数人をターゲットに取れる点から、事実上のダウンタイム(ゲームに参加できない時間)を増やしやすいスペシャルになっており、ネガティブなプレイフィールをユーザーに植え付けやすい。

これもあってか、ナーフ(弱体化)を希望する声をよく見かける。先に論じたパワーレベルも含めると当然の反応とも言えるだろう。

しかし、これらを加味した上でもラクト(もしくは【マルチミサイル】)のナーフは望ましくないと筆者は考えている。

それが何故かを語るにはスプラトゥーンがどのようなゲームかを分解する必要がある。


スプラトゥーンのアイデンティティ

このゲームにおいてアドバンテージを獲得する(勝ちに近付く)方法は大きく2つに分かれる。

一つ目は撃ち合いで一方的に勝つこと。
二つ目は塗り+スペシャルでゲームに寄与することだ。

PvPシューティングゲームの多くは「撃ち合いで勝つこと」が勝利条件に直結しており、逆を言えば撃ち合いで負けると勝てないゲームになっている場合が多い。

一方、先にラクトの話でも触れたように、スプラトゥーンでは撃ち合いで勝つ他に「塗り+スペシャル」というアプローチが残されており、シューティングが苦手な人でも「キルを取る」「勝利に関与する」といった快感を体験しやすい。

この「塗り+スペシャル」がもたらすハードルの低さこそ、スプラトゥーンが幅広い層にウケる理由であり、同時に他のシューティングゲームと並んだ際に際立つアイデンティティであると筆者は考えている。

そこでLACT-450(ラクト)の話に戻ると、このブキは「強スペシャル+塗り性能」という強固なスキルセットによって、(言い方は良くないが)「下手でも勝てる(楽しめる)」というスプラトゥーンのアイデンティティを最も色濃く映し出しているのだ。

よってこれの安易なナーフはこういったシューティングが得意でない層のプレイ動機を損なう恐れがある。


パワーレベルの懸念

じゃあ強すぎる場合もナーフしないのかよと言われると、仰る通りナーフする必要がある。
ただ先に論じたように、ラクトは「誰に使わせても強い」というブキが持つアベレージは高いものの、トップバリューに関してはメタゲームを支配するほどには至っていないと感じている。

よって、ライト~ミディアムユーザーの環境(各ブキのトップバリューが発揮されない環境)において支配的なパワーを演出していなければ、即座にナーフする必要はないと筆者は考えている。


さいごに

ここで、ラクトのナーフを唱える人を含め、99%のプレイヤーがラクト(スプラトゥーンのアイデンティティ)に守られていることを覚えておいて欲しい。

先ほどは「下手でも勝てる(楽しめる)」と良くない物言いをしたが、言い換えればこれは「格上の相手に勝ちやすい」になる。

99%のプレイヤーには自分より格上の相手が存在しており、ラクトを含め多くのブキが持つ「塗る+スペシャル」という選択肢は、こういった格上に報いる可能性を高めている。

私たちは誰もが少なからずこのアイデンティティに守られることで、スプラトゥーンを楽しめているのだ。

これを度外視してアイデンティティを色濃く反映したラクトのナーフを唱えることは、スプラトゥーンの魅力ひいては自身のポジティブな体験を損なわせることにも繋がりかねない。

スクリュースロッシャーもLACT-450(ラクト)もそれ以外の全てのブキも、客観性の高い評価と最も幸福度の高い選択がなされることを期待している。
スプラ3ほんとに神ゲーだからね。初心者からトッププレイヤーまで可能な限り皆が楽しく遊べると嬉しい。

だがオバフロ、テメーはダメだ。マジで許さんからな。
スポンサーサイト



  1. 2022/10/17(月) 21:17:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3