キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

にこなまま

忘れてました。

明日(5/14火曜日)エムリニとニコ生します。
多分11時くらいです!

3戦2本先取のガチ勝負!
1回ごとにデッキを変えての対戦となります。


負けた方の罰ゲーム募集してます。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/13(月) 20:18:43|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DM界最強のキャントリップ

『白黒青バロムミステリー(再誕ルシファー)』

4 x 偽りの悪魔神 バロム・ミステリー
4 x 暗黒導師ブラックルシファー
3 x 緊急再誕
1 x 悪魔神デスモナーク
1 x 死神明王ガブリエル・XENOM
4 x 凍結の魔天ダイイング・メッセージ
1 x 威牙の幻ハンゾウ
3 x 墓守の鐘 ベルリン
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x デーモン・ハンド
3 x 戦略のD・Hアツト
4 x ボーンおどり・チャージャー
3 x ブレイン・チャージャー
4 x コアクアンのおつかい
2 x 超次元ブルーホワイト・ホール

4 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 小結 座美の花/雲龍ディス・イズ・大横綱




リクエスト、バロムミステリーのデッキ。
アツトで手札交換、盆踊りでブーストしつつ墓地肥やし。
ルシファー出して進化クリーチャーが墓地に溜まったところでルシファーに緊急再誕をぶち込む。
再誕の効果にルシファーの置き換え効果が割り込むので、手札に任意の進化クリーチャーを加える事が出来、そのままルシファーの上に進化する事ができる。

モナークとガブリエルの所は好きな進化デモコマでいいと思います笑
7コスト以下の物だと動かしやすいですね。オシャレ枠にZファイルとかも楽しそう。

プレイングが少々難しいところがありますが、テクニカルに動けるので面白いです。
基盤とコンセプトがしっかりしていてカスタム性も高いため、デッキを弄る人のが好きな人にお勧めのデッキですね。
  1. 2013/05/13(月) 20:11:46|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今更次郎九州CSレポ

ほんと今更ですが、九州CS行ってきました。ベスト8で憤死しました。

以下レポ



第一回九州CS 使用デッキ:赤黒青緑バキバイザー獰猛

予選卓

1戦目 ドロマーイエス@そうやんさん ○○
そうやんさーん!なんでそこ座るんですかー!からの1戦目。
1本目はバトウ建てられてちょっと面倒だったけど悠久が上手く落ちて持って行けました。
まあ落とされずとも悠久とリュウセイでコントロール出来たかなと言う感じ。
2本目は中盤コントロールの主権争いになってキクチ魔天される、が吸い込むでキクチ退かしてブーストしてバキ投げて無事勝ち。

2戦目 黒獰猛ゼニス@尖迅さん ○○
1本目はGJゲーを制して勝ち。覇投げられたときは焦った。
2本目は確かバキ投げた気がする。勝ち。

3戦目 黒獰猛@ナヲさん ○○
1本目はヴィルヘルムだされて焦ったけどバキまで持って行った自分偉い。
2本目はGJゲーだった気がします。


(これレポの意味成しているのか……)


6-0の3-0で無事予選突破。本戦へ。


本戦1回戦 ドロマー次元@とあるさん ○○
ザビミラでなく、小型ハンデスからリュウセイキルキル狙ってくる感じのデッキでした。
1本目はファンク立てつつゲーム握ってバキ。安全にフィニッシュ。
2本目はハンデス喰らってリュウセイキルキルされますが、おそらく相手方のプレミで墳墓を打たれ、マナ削られるもセツダンぶっ飛ぶ。ファンクとか立ててバキ打って勝ち。

本戦2回戦 黒緑速攻@すごい感じの良い方(すみません;;お名前忘れてしまいました;;) ○○
1本目はじゃんけん負けるもアドバイザーを飛ばしてザンジを引き込む。吸い込むとライフまで味方にして勝ち。
2本目はじゃんけん勝ってブーストからファンク。アドバイザーの殴り返しもあって、ギリギリ届かず勝ち。

本戦3回戦 黒獰猛@アゴミさん ××
1本目は先行とられてライフ→クリメモ→社セブンス→覇でGJ2回負けて死亡。色々と力の差を見せつけられました…。
2本目はお互いにトリマや獰猛の打ち合いの中でトップバキ引くが、ハンターがリュウセイ1体しか居らず、場はバキリュウセイアドバイザートリマの7打点。リュウセイのパンチでなんか引けば終了と言った場面で考え抜いた揚句殴ってクリメモ引く。ハヤブサ持ってこられて終了。負け。


結果ベスト8


吸い込むが1本も見えてなかったので殴らないという選択肢もあったんですが、こちらよりパワーカードの採用が多くしてあったため、トップでブーストかファンクトリマ以外を引かれたらそれこそ致命傷になったので殴りました。トップで吸い込むを引かれた場合、バキを戻され次ターンマナが足りず出せないといった場面も想定できたのでプレミではないと今でも思っています。また自分がトップでクリーチャー引けるかどうかも怪しかったですしね笑。実際トリガーはクリメモハヤブサしかなかったので、リュウセイのWでなくバキのTで引いてれば勝ちといった結果だったので後悔はしていません。
アゴミさんは非常にプレイングに隙がなく、構築も素晴らしかったので、完全に力負けといった感じでした笑。

以上レポでした。以下はデッキについて。




今回使ったデッキについて
今回は環境を見て、このデッキを握りました。
この構築の最大のポイントとして、「すべてのデッキに対してある程度の勝率を作れる」といったものです。
その根源は4投のアクア・アドバイザーとファンクですね。

とりあえず意識したデッキタイプとして上から
■速攻
■黒緑次元
■メルゲ
■ドロマー
■ビッグマナ
この5つですね

ビッグマナは対策しても対策し切れない点があったので半分捨ててました。
4投のトリプルマウスだけが対抗策で、アドバイザーは速攻他ビート意識で4投したものがたまたまビッグマナに対して有効だっただけですね笑
実際現環境でNの存在価値が見いだせなかったのが本音です。メルゲとドロマーが主な仮想敵だろうと思いますが、それ以外に腐りやすいのが非常に気になりました。特に同系戦。
メルゲはファンクとリュウセイ引けば、ドロマーはプレイングさえしっかりしていれば7,8割は取れるので、速攻とミラー相手にも有効なアドバイザーを採用しました。
ここで次なる問題点がバキというフィニッシュ手段でした。ミラーを相手にする場合、中途半端なビートだと覇やVANで返されることがしばしばあったので、バキを採用したのですがスペース的に不器用な構築になってしまったのと折角トリマやアドバイザーという優秀な獰猛の種がいるのに入れないのは勿体ないと思い獰猛まで採用した次第です。お陰でスペースはキツキツでしたが。有効なデッキが多いのとやはり場面を選びにくい性能で除去としても優秀だったので正解だったと思います。


以上が環境考察とデッキ考察でした。
ファンクの4投は甘えてはいけないという戒めの意味も込めて突っ込んでみました笑



非常に楽しい大会だったので、このような大きい大会に参加できるときは積極的にしたいですねー。
ではまたー。
  1. 2013/05/12(日) 01:35:33|
  2. DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。