キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

あんどりゅーすぱいらる

スポンサー告知「出ちゃった♡テヘッ」

なので更新します。アドバンテージ逃がし隊の記事から早一ヶ月経っていたのですね…。遂にスポンサー告知を出してしまった。
最近はリアルが忙しくてブログどころかカードもままならない感じです。たまにボールト弄るくらい。DRも天門初週で2枚取ったとこからずっと行ってないですね…リアルでやりたいのもあるけど2月までは我慢だ。

そういや神戸に旅行行きました。ある日突然神戸に行こうべ、みたいになって姫路と神戸回ってきましたよ。中華街と姫路ブリリアントパークが楽しかった。(後者はクッソ金取られたからあんま良い思い出じゃないけど)
色々食べ歩いたりしましたが、名物のホルモン唐鍋?みたいなのが一番美味しかったかな。あとはモーニングのアーモンドトーストは普通にうまかった。ホルモン唐鍋めっちゃ美味かった割りに値段そんなしなかったからあのコスパはイイよなぁってなる店でした。4マナ7000ダブルブレイカーって感じ。地元にもできねえかな。

あと悲しいお知らせとしては去年の暮れ辺りに2年弱飼っていたハムスターがお亡くなりになったことですかね。辛かった。めちゃくちゃ泣いたわ。大の大人が悲しさのあまり眠れなくて次の日学校まで休んだというね。あの時声掛けられたら多分即堕ちしてましたよ。その夜は絶対んほおおおって言いながらだいしゅきほーるどしてた。

もう傷心過ぎて向こう10年は動物飼えないですよ…
まあ飼われることはあるかもしれませんが

グダグダと失礼しました。そのうちちゃんとした更新しますね☻
ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/17(土) 04:51:20|
  2. 私生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

げっちゅう♥LOVELOVE物語!(。・ ω<)ゞ

小説書きましたぜひ読んでください!!



「げっちゅう♥LOVELOVE物語!(。・ ω<)ゞ」


低く喉を鳴らしながら男は起きた。日は既に傾いている。部屋には使い捨てられたティッシュが散在しており、布団の周りには紙束が積まれていた。起きた拍子に束の一角が流れ出す。流れ出した内の一枚、一徹のジャスパーを握りしめて男は呟いた。
「痔の匂いがする。」
重い足取りで鏡の前に行き、現れた自分に背を向ける。スウェットと一緒にデアリガズカラーのパンツを下ろすと、男は尻肉を掻き分け目を凝らした。数度に分けて角度をずらすと、何を諦めたのか鼻いっぱいに溜息を作る。パンツだけを履き直し、使い古されたジーンズを手に取った。

「平日にある非公認大会は夜から行われる。」
死んだ叔父が残した言葉だった。この鄙びた田んぼ道を通るたびに思い出す。今にも落ちそうな太陽に目を細めながらバイクのライトを付けると、男は肩を震わせながら少し速度を上げた。
店に着くと、寒さに悴んだ手でヘルメットを取り、乱れた髪を手荒く直す。冷たく硬いコンクリートの上で跳ねる、店から漏れる和気藹々とした声を横目に足早と扉へ向かう。ドアが開くと同時に男は独特な臭いに包まれた。地域や時間が違うとも変わらないこの臭いに、嫌気と変じた安心感を持った自分に男は驚いていなかった。
大会受付を終わらせフリースペースへと足を運ぶとそこは10に満たない数の男性で埋め尽くされていた。ショーケースを見るなりで対戦を覗くと、青黒ハンデスと赤青黒墓地ソースが盤面を競り合っていた。しかし墓地ソース側の山札は男の財布に入っているお札ほどの厚さしかない。ターンが返され、ホネンビーすら死札となるその山札に手を掛け、一番上をゆっくりと捲る。
「チカラ、アバレ。」
怒号にも近いその声と同時に暴走龍5000GTは叩きつけられた。場が焼け野原と化す。その暴走龍で盾に触れようとした瞬間だった。
「はい、じゃあ7時からのDM非公認大会はじめますね。」
定員のその声に、やっとか、という面持ちで皆が一斉に机の片付けを始める。長い長い祭りの始まりだった。

初戦の相手は先の青黒ハンデスの男だった。その男はおもむろにデッキを取り出し、次元を並べ始めた。まさに青黒ハンデスのそれである。そして極めつけにスリーブがFate/stay nightの遠坂凛。これもまた、粉うことなき青黒ハンデスのそれであった。手汗に塗れたスリーブがギラギラと光を写す。それを見て黒緑速攻に手を掛ける。視線を下に向けて少し考えるが、男が手に取ったのはやはり黒緑速攻であった。
対戦の前にお互いのデッキをカットすると、ここまで書いてアレだが正直めんどくさくなってきたしもうここらへんでやめたくなってきた。ていうかやめる。なんでこんな生産性の欠片も無い読み物書き始めたのだろうと男は後悔しながら、晩御飯用に買ったサワラを塩焼きにするべく台所に向かうのであった。おしり。
  1. 2014/11/25(火) 19:36:55|
  2. 私生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肛門バリキレメガマッチョ

突然ですが、切れ痔になりました。
ブログ更新を怠り、スポンサー告知が出てくる頃になるともうクソ記事でもいいからとりあえず更新して告知は出さないようにしようという妥協の策を講じることが多いのですが今回も完全にそれですね。

それで今回の案件である切れ痔なのですが、自分日常生活の乱れが出てくると結構便に出ることが多いようで、結構切れ痔になることがあるんですよね。一情報によるとあまり頻繁に同じケースを起こすと肛門が慣れて再発時に切れやすくなるとかどうとか…完全に俺のパターンですよ。正に肛門界のアブドーラ・ザ・ブッチャーって感じ。

それで初めてボラギノールなるものを買いはじめたのが今年の明けくらいなのですがコレがすごいすごい。切れ痔の痛みによる日常生活の支障はバイトや学校生活にまで及んでおり、完全に切れ痔の一点トップメタだった俺の肛門環境はこのボラギノールの登場により一変しました。書き表すとボラギノール→痔→ボラギノールを買うためのお金を作るバイト→ボラギノールって感じです。前環境で言うところのドロハン→フォーミュラ→速攻→ドロハンを彷彿とさせる三つ巴の図ですね。

この美墨穴第二痔肛門環境がつい最近まで続くのですが…ここからが本題。
今秋色々あってとある法律事務所から急に4万の請求を喰らい、なんと残金がいきなり0に。
親からお金を借りてやりくりしますが、ボラギノールなんて冗談、風邪薬やガソリンすら渋るレベル。そんな中、お金を作るために深夜バイトを増やし、さらに安い揚げ物などで食生活を繋ぐようになった俺に待ち受けてたのはお分かりのようにどでかいKIREJIでした、正確にはKIREDIかな。(こう書くと少し格好良いですね)
この頃の大便の気持ちを代弁すると「俺も出てくるの大変(大便)なんやで」ですね。この頃の大便の気持ちを代弁すると「お俺も出てくるの大変(大便)なんやで」ですね。

これにより切れ痔の逆襲が始まりました。もうそれこそ文字通り血で真っ赤に染めてやらんとばかりに。(便器を)
ボラギノールを買うお金が無い俺は無力、ただただ死を受け入れるだけ。
これが今現在続いている美墨穴第三痔肛門環境の全貌というわけです。
まさに肛門バリキレメガマッチョによる絶叫の影アナル・スクリームって感じの記事でした。汚い。
皆さんも日常生活、とくに食には気をつけましょ。マジでキツいっすよ。

そんなこんなのクソ記事(文字通り)でしたが、次はDS構築の話でもしようかと思います。今年は権利とれませんでしたが限定構築は好きだし得意なので☻
それでは、肛門と打ちすぎたせいで構築と打とうとすると先に肛門が予測変換に出てくるようになってしまったiPhoneに嘆きつつ終わりとしたいと思います。ではまた。
  1. 2014/11/05(水) 10:37:49|
  2. 私生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DS環境に向けて

セブンのアイスコーヒーの味変わってた
  1. 2014/10/20(月) 23:56:45|
  2. 私生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胸囲

俺のおっぱい
無い

SAKAEっぱい
寄せて上がる

もやっぱい
辛い時も諦めず、勝ちに向かって走り続ける。
  1. 2014/09/22(月) 19:03:44|
  2. 私生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ