fc2ブログ

キントレスキーの墓場

主にDMやアニメの事を書き連ねるブログです。

メメント守神宮は殿堂するでしょ


たまの時には殿堂予想もしてみようと思う。マジで当てにいくので当たったら誰かジュース奢ってくれ。




◼︎大型規制


この話をする前に、今回の規制は大型規制になるであろうことを文頭に置きたい。

《プラチナワルスラ》と《ウララー》を規制した上でも未だ【赤青バスター】が環境トップを独走。更に他の勢力も環境図に固定化され、たまにその時期の流行がtier2に顔を出すくらいで、メタゲームの振れ幅は非常に狭い。

去年の秋口からはCS分布を見るたびに【赤青バスター】【チェンジザダンテ】【ジョラゴンジョーカーズ】の流れを幾度となく見た。

よって開発側もこの閉塞化した環境を更にもう半年も続ける訳にはいかない、となるだろう。


また春からは新年度の商品群を迎えることとなる。

新dm期から2年。ちょうど2ブロック初のスタン落ちが来る春でもあり、新年度の商品には従来の種族やコンセプト強化だけでなく、完全な新勢力・新コンセプトが登場する可能性も非常に高い。

よってこれらを売り出すためにも、旧勢力の持つ鋭すぎる牙は先に削っておきたいはずなのだ。そのタイミングはここしかない。

これらの理由から、今回はドギラゴン剣を中心として大幅な規制がひかれると私は踏んでいる。

そこで今回の規制の目となる(と俺が勝手に思っている)メメント守神宮の話から入っていこう。





◼︎メメント守神宮を取り巻く関係図


《メメント守神宮》は現代のカードプールにおいても逸脱したカードパワーを有しており、タイムアドバンテージの形成力はかのボルバルザークをゆうに超える。

カードとしては明らかにオーバースペックで、単体の強さだけで言えば今回の規制候補の中ではドギラゴン剣以外のカードを大きく突き放すほどに強すぎるカードであるのは確定的に明らかだ。

しかし簡単には消せない理由がある。

それはこれと相対する現代のビートダウンも相応のパンチスピードを有しており、これらを真正面から抑制する手段として必要悪といっていいほどの役割を受け持っているからだ。


ではメメントが無い場合どうなるのか?

【赤白轟轟轟】や【赤青バスター】レベルのパンチを自然に受け切れるor流せるデッキはコンセプト単位で縛られ、環境で活躍できるアーキタイプの幅を狭めた結果メタゲームを単調なものにしてしまう恐れがある。

よって《サグラダ+ミクセル》のカウンター封殺パッケージを持つことで、メメント以外のトリガーに大きな体制を持つ赤白轟轟轟や、これに近しいレベルのビートダウンが再現できるドギラゴン剣がいる限りはメメントは殿堂しないであろう。

逆に言えば赤白轟轟轟やドギラゴン剣さえいなくなればメメントを消せる大義名分が立つ。

しかも公式側が押していきたい轟轟轟は(おそらく)搦め手を使わず単純速で盾を割る赤単だからこことも噛み合っており、《メメント守神宮》の殿堂と赤白轟轟轟の規制は同時に訪れるはずなのだ。


更にもう一つ。ドギラゴン剣に関しては前に殿堂するかどうかについての記事を書いたが、あそこで一つ見落としていたことがあった。

ドギラゴン剣が殿堂しない理由の一つとして、2ブロックの存在があったのだ。

2ブロックと通常環境の一番の違いはドギラゴン剣の存在である。逆に言えばドギラゴン剣が無いと通常環境と2ブロックのメタゲームは激似AVと化してしまう。

よってここの差別化を図るために今まで苦しい規制を繰り返しながらもここまでドギラゴン剣を残してきたのではないか。

しかし今回の規制は違う。2ブロック環境初のブロック落ちを間近に控えた時期の規制なのだ。つまりここでドギラゴン剣を規制したとしても、春からの通常環境は2ブロックは全く別のメタゲームが展開される。
しかもこのタイミングでドギラゴン剣を殿堂させることで、先のメメント守神宮との兼ね合いを図ることができるのだ。

よって、

・2ブロックの背景からドギラゴン剣を消しても構わない時期になった
・サグラダ&ミクセルのパッケージを有した轟轟轟が消えれば、メメントを消しても受け切れるだろう
・ドギラゴン剣と赤白轟轟轟が消えれば本来規制レベルのカードパワーを持ち、ビートダウンを牽制する必要悪として存在したメメントを消すことが出来る

といった3つの視点から、

・ヘブンズ・フォース
・ドギラゴン剣
・メメント

が同時に殿堂する、というのが今回の私の読みである。






◼︎旧勢力の鋭すぎる牙


新商品を展開する上では前年度の強いデッキ達はそのデッキの性質によってはこれらを完全に抑え込んでしまうことがある。

よって近年の規制の掛け方を踏襲した「強すぎるカードを規制する」のではなく「デッキ単位で勝率を落とす」ような規制の掛け方を今回も幾つかしていくだろうと予想している。


⚫︎【ジョラゴン】から《ポクチンちん》

かなりの大穴枠。

ドギラゴン剣率いる赤青バスター、メメント率いるチェンジザダンテ。それと同じくらい新商品を押さえつける恐れを持つのがジョラゴンジョーカーズだ。

未だ2ブロックで一線級の戦いをしていることと、新年度の商品でもまだジョーカーズが展開されるであろうことを考えると完全に消し去ることは無い。しかしそれでも弱者に対して強すぎるそのデッキ性質は、次世代のデザイナーズを完全に封じ込めてしまう恐れがある。

よって今までのドギラゴン剣などのように、メインパーツから少しズレたところを叩くことで勝率を下げる規制の仕方をするのではないかというのが私の読みだ。

更にこの点においてデュエルマスターズが嫌うであろう『ジョラゴンループ』を同時に叩いてくる可能性も考慮したい。

よって考えられる候補は《マンハッタン》、《ガヨウ神》、《ポクチンちん》辺りになるのだが、前述した通りジョラゴンジョーカーズを完全に消し去ることは考えにくい。消えたとしてもループ以外のメインストリームを阻害しないカード…つまりは《ポクチンちん》になるのではないかと私は考えている。



⚫︎【青単ムートピア】から《ラッキーナンバー》

青単ムートピアは上に挙げたドギラゴン剣・チェンジザダンテ・ジョラゴンまでではないものの、赤白轟轟轟ほどの母数を維持しており、十分に規制対象になるデッキだと見ている。

しかし青単ムートピアもジョラゴンと同じように、特異なカードの組み合わせにより産まれたバグデッキなどではなく、完全なデザイナーズであることは間違いない。

であるならば2ブロックでの活躍や今後の商品展開を考えて、デッキ単位で勝率を落として行く方向に規制していくだろう。

そうすると《海底鬼面城》やラッキーナンバーが候補になるのだが、メインストリームに関わるカードに規制を掛けるよりかはフィニッシュ封殺カードに規制を掛ける方がゲームに乱数値が絡む頻度が高く、この点においてエキサイティングさが増すことにデュエルマスターズの開発が好意を示すのは過去の例から見ても明らか。

よって私はラッキーナンバーにかかるのではないかと考えた。






◼︎将来性からの規制


更にこれらに加えデュエルマスターズの規制方法として、次からの商品展開やカード作成に支障が出るためやむなく殿堂させるカード群がたまーにいる。

サイキッククリーチャーへのスパイラルゲート、シンフォニーを作るためのビックリイリュージョン、侵略を抑えるための暴龍警報などだ。今回もその枠があると見ている。


《ブライゼナーガ》だ。


今後もスーパーシールドトリガーは汎用的な形で刷られていくことになるだろうが、ブライゼナーガはそれらを逐一縛っていく存在になっており、将来的にカードが作りにくいだけではなくデバッグの負荷も大きいだろう。

よって後々の商品展開やカード作成を考慮した上でブライゼナーガが消されるのではないかと考える。






◼︎まとめ


⚫︎プレ殿
・無し

⚫︎殿堂
・《ドギラゴン剣》
・《ヘブンズ・フォース》
・《メメント守神宮》
・《ポクチンちん》
・《ラッキーナンバー》
・《ブライゼナーガ》

が私の予想である。走り書きになったが最後まで読んでくれてありがとうございました*\(^o^)/*




  1. 2019/01/25(金) 23:11:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

はじめてのじむきょくかくにん



緊張した(こなみかん)
聞くキッカケになったのはこれ。


@inuca_dm
【事務局確認】
Q.相手に攻撃されたとき、バトルゾーンにいる自分の佐助の超人をダイスベガススイッチガロウズで手札に戻しました。同じタイミングのニンジャストライクで今戻した佐助の超人を使うことはできますか?
A.できます。
2017/09/09


ちょっと前にイヌ科が聞いてたこれについてめちゃくちゃ???が浮かんだため自分で聞いてみた。





■相手クリーチャー攻撃時にベガス効果でガロウズホール→場のニンジャストライクを持つクリーチャーを手札に戻した時、
ニンジャストライクの「全てのゾーンで誘発」に則り、バトルゾーンでもニンジャストライクが誘発しているため、今手札に戻ったニンジャストライクを使える。これは間違いないか。


➡︎裁定が変わっていないため間違いない。




■では現象としてニンジャストライクが全てのゾーンで誘発するタイミングでは、
バトルゾーンからバトルゾーンへの移動を宣言しているという認識で合っているか?


➡︎それが「バトルゾーンからバトルゾーンへ召喚を宣言している」という行動になっていると断定は出来ないが、そういう形になっている




■ではもしそうならば、ニンジャストライク以外のカードもバトルゾーンからバトルゾーンへの召喚を宣言できるか?

例)場にジョルジュバタイユと他に4体のクリーチャーが居る状態で、
場のジョルジュバタイユの効果で他の4体クリーチャーを代替コストに、バトルゾーンのジョルジュをバトルゾーンへ召喚できるか?(つまり、突然他の4体のクリーチャーを破壊できるか)


➡︎出来ない。ニンジャストライクと違って実際に召喚するという結果を得られないため。




■では、今の段階ではニンジャストライク+ベガスガロウズのように結果的に召喚が行われるものはバトルゾーンからバトルゾーンへの召喚宣言ができ、ジョルジュのような結果的に召喚の行われないものは宣言ができない、で大丈夫か。


➡︎今はそうとしか言えない。





そ、そう…。




■はい

初めての事務局確認で戸惑ったためか、色々と聞き方をミスった…。
まずこの話をする前に、バトルゾーンで誘発したニンジャストライクが本当にバトルゾーンで誘発してるのかを聞くべきだった。そしてジョルジュ自身を代替にした場合、墓地に行ったジョルジュ自身が墓地から登場するのかも聞くの忘れてた…。

そもそも個人的にはニンジャストライクが全てのゾーンで誘発するとかいう文言自体が割と意味不明で、納得していないそこを解決しないまま他の事を聞こうとしたのがアレ。でも暫定でもどうなるかは把握したかったし把握するためには聞かなきゃ解決しないし…。

まぁちょっと色々不充分なところもある上に全て暫定的な回答なので、あまり参考にせず、ふーんくらいに思っててください。俺も聞き方と聞くことちゃんとまとめてもう一回聞こうと思います。



おわり
  1. 2017/09/21(木) 19:51:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

空白期間

なんか唐突にパスワード思い出して入れました()
丁度一年間くらいログイン出来なかったンゴねぇ…

空白期間の記事は


キントレスキーの墓場の墓場


ここに置いたままにしときます。
墓場の墓場も残しといたら残しといたでなんかあった時また使えそうだしね。


そんな訳で元祖墓場復活です。
  1. 2017/05/06(土) 05:13:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パチモリオンvsトライピオ

最近ハースストーンばっかしてるせいでデュエマは書くことありません。

言うてハースストーンもまだ書けるほど上手くありません。

ハースストーンと卒論に押されてアニメも見てません。

書くことがナッシングあきら
どうしよウサ子

そうだ、小学校の時にベイブレードでキンタマを怪我した話をしよう



〜小学2年生の僕がサトル君とベイブレードで遊んでいたらキンタマを怪我をした話〜


登場人物

俺…小学2年生。夜市のクジで当たったエアガンの弾を鼻に詰めて取れなくなり病院に行った「おもちゃで病院」前科持ち。

サトル君…同級生。事件の前日同じクラスの桜子ちゃんに告白して撃沈している。

ナオヤ君…違うクラスの子だがサトル君と同じマンションに住んでいるので仲が良い。歯が綺麗。



そう、時は14年も前に遡る。

小学2年生一学期の終業式の日だった。明日から夏休みということで浮かれていた僕たちは帰路に広がる常々隠れんぼの舞台にしていた墓地にお供えしてある餅を拝借し、それを分けて食べながら帰宅していた。さて家にも着こうかという頃、思い出したかのようにナオヤ君が言った。「今日はベイブレードをしよう」僕とサトル君はこの提案に二つ返事で良しと答える。当時ポケモンスタジアム金銀のミニゲームにハマっていた僕らだったが、毎日毎日ラッキーの左右運動を見るのも流石に飽きてきたころだった。久しぶりのベイブレード、少し胸に汗を掻く。

家に帰り愛用機のトライピオを手に取ると一目散にナオヤ君の家へむかった。トライピオは当時のベイブレードの中でも特に安く、その特異なデザインも相まって大好きなベイブレードの一つだった。高鳴る胸を抑えナオヤ君の家に着いた僕はその光景に息を呑む。なんと二人は既に対戦を終えていたのだ…

結果はナオヤ君の惨敗。彼の愛用機ドラシエルは無惨にもフィールド外でスルスルと回転の速度を緩め今にもその歩みを終えようとしていた。

ナオヤ君「つ、強え……、」

それもそのはず。サトル君の愛用機の強さの秘密はその国籍にあった。メイド・イン・チャイナ。彼の愛用機はベイブレードでなく、当時大流行したパチモンだったのだ。(以下パチモリオンと呼称)しかも200円くらいのガチャポンのやつ。これには俺のトライピオ(380円くらい)もビックリだ。そして特筆するべきがその無慈悲な強さ。レギュレーションを無視した圧倒的な重量と破壊力はオリジナルの追随を許さなかった。

そしてそんなパチモリオンの強さを前に戦意喪失しラッキーの左右運動に勤しみだしたナオヤ君を横目に、俺とサトル君の世紀の一戦(この後これが性器の一戦になってしまうことはまだ誰も知らない)は始まろうとしていた。

戦いを前にサトル君が言う。「ナオヤくんのワインダーを使ってもいい?」ワインダーとはベイブレードを回転射出させるための器具で、ナオヤくんのそれはかなり新しい商品だったため僕とサトル君は常々使ってみたいと思っていた。しかしこの一戦でその試みを行うとは…僕とトライピオも随分舐められたモノだ。トライピオは当時安くて弱いベイブレードとして知られていた。とにかく持久力の低さが凄まじかったのだ。しかし怒りにも近い感情の裏で僕は勝ちを確信していた。サトルくんは前にも僕やナオヤ君が持つ様々なワインダーを使ったりしていたのだが、中国製のパチモリオンにフィットするワインダーは一つも無かったからだ。そして今回も例に漏れず

例に
漏れず…


例に漏れないハズだった。

フィットしている…パチモリオンは新商品のそれを綺麗に咥え込んでいるのだ。今思えば寝取られモノに興奮できる今の僕の性癖はこの一件で目覚めたのではないかと考えるほどにフィットしていたのを覚えている。「ごめんなさい…あなた…私…」そんな心の声が聞こえた気がした。レギュレーションオーバーの機体にオリジナルの新商品が持つ質の良いワインダー。まさに無敵である。

しかしここで逃げる訳にはいかない。サムライが居合いをするような構えでトライピオとワインダーを握る。敵の強さや敗北のことなど考えもしない。その目はバトルフィールドとその延長上にいるサトル君のみを一線に捉えていた。掛け声と共に互いのベイブレードが射出される。


そして事件は起こった。


ナオヤ君が持つベイブレードのフィールドはナオヤ父によるお手製のものだ。市販のものに比べフィールドの中心に集まる傾斜の入射角が浅い。そのためベイブレードがフィールド外に出やすく、それも立って射出すると反動で外に出るくらいのものであったので、僕らはいつもあぐらをかいてベイブレードをしていた。この日も例外ではなかった。

不慣れなワインダー、そしてそれにフィットしたように見えて実はガバガバだったパチモリオンを持て余したサトル君は、力の制御を誤り物凄い速度でパチモリオンをフィールドへと射出した。

その時ハッキリとナオヤ父のあの言葉が脳裏をよぎったのだ。



ナオヤ父「このフィールド、ベイブレードが外に出やすいからあまり激しく遊ぶなよ(笑)」




サトル君の全身全霊の力が込めらたパチモリオンは一目散にフィールドを飛び出し、僕の股間に直撃した。

衝撃、走るーーーーーー

不運だった。その日はみんな学童クラブで遊んだ後だったので体操服だったのだ。薄い生地はまるで意味を成さない。痛みは捻り込まれるようにtamatamaへと突き刺さった。


案の定キンタマから血が出ていて鶴田病院に行きました。何故かchinchinは無傷だったんだよなぁ。みすみ史七大不思議の一つだ。この病院はエアガンの弾を鼻に入れて取れなくなった時もジャングルジムを登る前田くんにカンチョーして全治二週間の突き指した時も歯ブラシを8割飲んでしまった時もお世話になったのでもう常連でした。医者は笑いながら薬とポケモンシールをくれました。おわり。




後日談

トライピオの上の部分だけ飛ばす遊びをしていたら川に落ちて回収不可となりそれがキッカケでベイブレードをやめた俺は、小学3年生にあがる春休みにこの学校を転校しました。サトル君とは会ってないけどナオヤ君とは今でも酒を飲むような仲です。たまに会っては近所のスーパーマルショクの事務所にスライム爆撃テロをして怒られたことや、近所の犬にバッタを食わせまくって怒られたことなどを笑いながら話します。今思うとクソガキもいいところだな本当…。今度こそおわり。
  1. 2015/12/08(火) 20:04:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かんわ!

コロコロで殿堂の緩和を匂わせる記事が掲載されましたね。殿堂に関する衝撃の発表!とあるので同型再販だったり逆に規制なのかもわかりませんが、書き方的に制限の緩和か同型再販じゃないかな?そんでネットでは主に制限の緩和について様々な意見が飛び交ってますね。
自分は良いと思います、制限の緩和。いちプレイヤーとしても思い出のカードをまた使えるのは嬉しいですし、ユーザーとしてもここまで膨れ上がった殿堂リストが少しでもスマートになるのは良いと思います。これから新規プレイヤーとして参戦するユーザーの覚えることが少なくなるのは素晴らしい。

飛び交う意見の中には制限の緩和は低年齢層プレイヤーに優しくないと言う意見もいくつか見受けられました。確かに最近デュエルマスターズを始めたばかりのプレイヤーや低年齢層のプレイヤーにとって、やっと覚えた殿堂リストが変わっていくことで覚えることが増えてしまうのは優しくないですね…
そこでなんですが、そんなプレイヤーにとっての殿堂リストって自分達ヘビーユーザーと同じ意味を持つのでしょうか。
緩和って規制に比べその層のプレイヤーが受ける害って限りなく少ないと思うんですよ。小学生とか見てると規制によって殿堂カードが増えることでデッキに入るカードが絞られたり間違ってそれを大会に持ち込みジャッジキルされたりという害は間違いなく見受けられるのですが、その緩和を知らなくても緩和によってデッキが絞られたり大会でジャッジキルを受けることはありません。飛んだ話すると覚える必要も無いと思ってます。
勿論、極端な例を挙げるとそれを知らないことで緩和されたカードを使ったデッキに負けたりするある意味での害はあるでしょう。だから自分らのように勝ちたいプレイヤーは制限や緩和を覚えます。勝ちたいから。しかし低年齢層のプレイヤーや、始めたばかりのプレイヤーの内のまだ貪欲に勝ちを求めていない層はどうなのでしょうか。

ってことで緩和に関して自分は、覚えたい人だけ覚えりゃいいんじゃね?って思ってます。だから大賛成。この記事の真意が制限の緩和であることを祈る。頼みます頼みます頼みます頼みます。同型再販でもいいですからヒッポお願いしま!!!!!!
  1. 2015/07/13(月) 20:16:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ